スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワットの旅 ⑥

これは最終日にあった不満。

ベトナムの空港内で、化粧品を買いました。

しめて、18ドル。

「パスポート」と言われたので出した。


あたしのパスポートは旧姓。

写真やパスポートNOの書いてあるところは旧姓。

訂正を出しているので、違うページに新姓が書いてあります。

もちろん、航空券を取る時は新姓で取ります。


普通空港で買い物をするとフライトNOとかチェックしてるようなのに、

なんでパスポート?と不思議には思ったけど、出した。

次にあたしはもうドルが残ってなかったので、カードを出した。

もちろん、新姓版のカード。


空港職員に「これ、あなたのカードじゃないでしょ?」と言われた。

ムキ~~!!と思い、違うとたどたどしい英語で言い、

航空券やパスポートのあたしの新姓などが書いてあるページを見せて文句を言ったけど…

職員は、「これでは買えないわ」と言う。

なんでやねん!じゃ~旧姓のカード持ってたらよかったんか~~!!!と切れ切れ。


どうやら、あたしの名前をカードに打つみたいで、訂正するのがめんどくさいらしかった。

すぐに旦那さまを呼び戻し、化粧品はなんなくGETしたものの…

苛立ちだけが残った。


旧姓のカードだったらいいなんて変な話じゃムンクの叫び

(いや、それもよくはないとは思いますが…)


旦那さまが一言。

「ここの人ら変やで。だって、お店の中でご飯食べてたもん。」だって。

そっか、変なのか、と思ったら怒りも収まったけど…。



Merci tous les jours 

不機嫌なあたしなのでした。


早朝6時40分、遅れることなく無事日本到着。

その後、あたしはそのまま会社へ、旦那さまも1度帰って会社へ。

頑張りました。

スポンサーサイト

アンコールワットの旅 ⑤

昨日、カンボジアのシェムリアップから飛び立ち、経由地ベトナムへ。


着いてから、ホテル近くにあるフォー2000というところでご飯を食べた。

あたしはフランスにいたころに食べた、ボブン(フランスの中国・カンボジア系レストランではそう呼んでいた)が忘れられなくて…メニューを探すと、ありましたてへ

名前は違ったけど(しかも、なんて名前か忘れた)フォーの上に香草がたくさんと揚げ春巻きが乗せてあり、タレがかかっている。

冷やし中華、ベトナム版って感じでした。

みなさんも、行ったら絶対食べてみてください、本気でオススメです!!


ここで1泊して、明日帰る飛行機


昨日~今日にかけてお世話になるのは、ニューワールドホテル、☆☆☆☆☆デス。

室内も綺麗で、快適。

朝ご飯、今日こそは!!と思い、わくわく!

たくさんの種類があるわけではなかったけど、おいしかった。

ただ、2人ともお腹を壊したらしく…何度かトイレに駆け込んだりもした…風邪ひきなぜ~??


あたしはマンゴーサラダを食べたからか?と思ったけど、

旦那さまは最後まで生野菜は食べなかったのに…

おかしい。。。(ケニアでは生野菜を食べてお腹をおもいっきり壊しました…)


思い当たることが1つ。

昨日のトンレサップ湖?

何も食べてはないけど…不衛生さはすごかった。

ハエが異常なまでも飛んでいたし、ボートを触ったり、運転したりと色んなところを触って…

しかもそんな手でアメを食べたね…悔し泣き

それ以外、お腹を壊す理由を思いつかない~~!!

あたしはそうでもなかったけど(ケニアで免疫できたのかな?)、旦那さまはダウン。

朝はホテルで寝かせてほしいと言う。

あたしは1人で出かける気にもなれず、ホテルでグデグデしていました。


お昼から行動開始。

国営デパートへ行く、タクシーに乗っても1ドルもしない、安い~。

スーパーでベトナムコーヒーを物色。

あとは、可愛い服屋さんを見つけたのであとでここで買うことにした。


その後、インターネットで調べていたお店をチョコチョコ見て廻る。

これといったお店がもともとないのか、あたしらの調べ不足なのか…

というか、国営デパートが1番安いんじゃないか?と思わせるくらいだった。


疲れたのでお茶。あたしはお昼も兼ねて。



Merci tous les jours 

外の風景はプチパリ風。

ここのカフェは扉に警備員さんがいた。

窓とかに物売りが来たら、おっぱらっていました。


よくよく考えて、国営デパートで巾着を購入。

1枚1ドル。本当は2ドルなのに1ドルにしてくれた。

お土産、GETなり。


帰りに歩いて、ベンタン市場に行ってみたけど、すごかった。

食品は特にすごかった。

みんなハエなんて見向きもしない。

日本は衛生的なんだと改めて関心。


市場で、日本で前々から欲しかったカゴバックを買う。

15ドルと言われ10ドルまで値切った。

値切るのは簡単だったから、きっとこれでも儲けはたくさん出るんだろうなぁ。


18時にチェックアウトだったけど、ホテルの人に交渉すると19時まで延ばしてもらえた、ラッキ~☆

(ホテルのしおりに混雑具合によるけど、延長お受けしますって書いてあった。今はシーズンなので1時間しかムリだったけど、これで十分。21時ピックアップなのでチェックアウトしてご飯食べにいけるしね。)


夜ご飯は、JTBの人にもらった本にあったところで。

おいしいと評判らしい。海鮮料理のお店で。



Merci tous les jours 

旦那さまはお腹が直ってきたけど、体に優しいものと言って、春巻きは食べず。

あわびのスープを飲んでいました、4ドルくらい。

高級なのか、Gパンで着てるのはあたしら2人のみ。

みんな綺麗な格好でした~。


無事ピックアップされ、空港へ。

は~、お疲れさまでした。

バイバイ、ベトナム~パー


ベトナムは、バイク量がすごい!

ガイドさんに聞いたところ、みんな行く宛てもなく、走っているらしい。

ちょっとどっか出かける=バイクで行く宛てもなく走るってことなんだって。

へ~、てか、ガソリンもったいないよ~うう



アンコールワットの旅 ④

今日はアンコールワット最終日。

今日は最初から、ホテル前のレストランへGO!



Merci tous les jours 

これは旦那さまの頼んだフォー。

朝ごはんはこれ、らしいラブ



今日はタプロームへ行く。

ここは、樹が遺跡を飲み込んだように見えることで有名。

あたしは天空の城ラピュタを思い出して、大興奮。


Merci tous les jours 

ほらね~!

あたしの着てるのは、昨日出店で2ドルで買ったシャツ。

お気に入りです!



Merci tous les jours 

ラピュタっぽい!!!嬉しいぺこ

いっぱい写真を撮る。

久々にはしゃいだなぁ~


それからオールドマーケットへ。

お土産を物色。

ツアーで一緒の人に、ベトナムの方が物価が安いから、

ベトナムまで待った方がいいと言われたので…

  (その人たちは、ベトナムへ行って、アンコールワットへ来るツアーだった)

ここでは最小限にした。

アンコールワットでしか変えないお土産にしました。

だんな様は特に、シヴァ神がお気に召したご様子でした。


午後は3時間ほど、フリーだったので、

オールドマーケットでご飯でも食べて、

トンレサップ湖まで足を伸ばしてみようということになり、

ホテルを早々にチェックアウト。


ホテル前のトゥクトゥクに乗る。

怪しい、兄ちゃん。。。 (あたしはそう思った)

オールドマーケットに行って、ホテルへ帰ってくるまで雇えとしきりに言ってくる。

だから、あたしらは「トンレサップ湖にも行くから、いらない」と言った。

そしたら、そこも行くから、「10ドルで!」だって。。。


確かにホテルを説明するのが面倒だったあたしたち。

アンコールパラダイスホテルはAグレードなのに、地元の人はイマイチ知らないっぽい。

というか、アンコール○○とかいうホテルが多いのだ…

ま、遠くまで行くし、10ドルでいいか~と思い雇うこと決定。


ご飯より先にトンレサップ湖に行くのがいいというから、

連れて行ってもらいました。

市内とは違って、ほんとに悪路、悪路、悪路悔し泣き


到着したものの、あたしが思い描いていたリゾートチックな湖とは違い…

不衛生な感じのする、大きな水溜りのような湖でした。

ボートもつぶれるんじゃないか???と不安になったりして。。。


運転手さんとは英語もなんかなかなか通じなかったけど、

いい人そう。

Merci tous les jours 

ボートを運転させてもらった。

この後、あたしもさせてもらいました~

楽しんでます!!!!


この後が問題でした・・・えー

運転手さんに20㌦のチップを請求された~!!!

というのも、1ヶ月20㌦で英会話の学校に通ってるらしく、日本人ならそれくらい俺にくれたっていいだろだって…ムカムカ

いいわけあるか~~~!!!と拒否。

なぜ?と言い続ける彼。


もしや、岸につけてもらえないかと不安にもなったけど、

幸いにもう1人英語が全く話せない運転手さんも乗っていたので、助かった。

みなさんも自分で行く時は注意溜め息

ツアーだとどうやら、ボートもいいやつに乗せてもらえるみたいだった。


岸に着いたら、トゥクトゥクの兄ちゃんが待っててくれた。

(当然。だってお金は後払いだから、あたしらに逃げられたら彼が困るんだけど…)

オールドマーケットまでひとっ走り。

お腹がぺこぺこだったので、お昼ご飯を食べることに。

また、兄ちゃんには待っててもらう。


昨日ピナコラーダを飲んだお店の前にあるスープドラゴンというお店。

マンゴーサラダ食べました!(食べてみたかったけど、生野菜だから敬遠してたけど…最終日だしと思って頼んでみた。ちなみに、ガイドさん曰く、街中の屋台でない限りお腹は壊さないらしい。そして、ピエップさん(2・3日目のガイドさん)はカンボジア人なのに屋台では食べないって…お腹壊すらしいあんぐり



Merci tous les jours 


マンゴーではなく、なんだろな、あの感触。青いマンゴーのサラダでした。

エビセンみたいなのに乗っけて食べました、おいし~かお2


お店を出て、急いでトゥクトゥクに乗り込む。

ホテルまで。


なんか、なんというか、トゥクトゥクの兄ちゃんはいい人でした。

あたしの直感ハズれる…なきがお

ボートの運転手さんはいい人に見えたけど、そうじゃなかった。

トゥクトゥクの兄ちゃんは、最後まで紳士的でした。

ホテルに着いて、JTBのガイドさんに空港まで送ってもらう。


バイバイ、カンボジア。

また来たい、いい国だったよ。(いろんな意味で)


あ、みんながしきりに言う、治安の悪さはなかったです。

地雷もない。

みんなが治安が悪いという理由は、日本人が断り下手で、裕福だからだと思った。

アンコールワットの旅 ③

今日で3日目。

今日こそは!と朝ごはんを食べに行くも、アジアの方々に負ける。

惨敗。

なのでホテル前にあるレストランに朝食を急遽食べに行きました。

今日も地元の人がいっぱい。

おいしゅうございましたおにぎり

あたしは、炒飯みたいなのを食べて、

だんな様はフォー、2人でしめて400円ほど。


今日は、クバルスピアンという山の中にある遺跡へ。

市内から、車で2時間半。


Merci tous les jours 


遠い遺跡にはフランス人が多かった。

Bonjours!と何回か挨拶を交わす。

いい気分。 (実はフランスに留学してたので、フランス大好きっ子です。)


山を降りて、昼食。

今日はお弁当デシタ。



Merci tous les jours 

おにぎりとか食べ切れなかったのは全部そこにいたわんこにあげたわんわん

あたしが、つくねをあげるのを悩んでいたら…(ネギ入ってたらダメだからね…)

だんな様が一言。

「捨てるならあげたら?」と。

そう、すごいガリガリで何にも食べてないみたいだったのです。

犬に対する考え方は、国によって、すごく違う。

やっぱり日本はある意味、裕福な国なのだと思った。

犬に対してお金が別口で出てくるんだから、と。

手であげるのは、狂犬病とかいろんな病気が心配だったので、放ってあげました。



帰りにバンテアイスレイを見学。

ここは東洋のモナリザがあるところ。

Merci tous les jours 



Merci tous les jours 

ここも水面に映って綺麗でした。



ふと考えてしまう。

これを1番に見つけた人の気持ちってどんなのだろう?と。

アンコールワットも、またしかり。

神秘的な感じが漂ってる気がした。

なので、何回もだんな様に言い続けた。

遺跡に入るたびに、「ここを1番に見つけた人の気持ちになってみて、興奮するから」と(笑)



今日は夜に時間があったので、市内中心のバーストリートまで来てみました。

とってもおいしい、ピナコラーダ。

2人でお酒を飲むことはないんだけど、なんだかいい感じでした。



Merci tous les jours 

たまにはいいもんだねぇてへ

夜風に吹かれ、いい感じでした。



帰りにトゥクトゥクに乗って帰る。

2㌦と言われて、1.5㌦に値切ったけど、

値切る必要性を後で2人で話した。。。

(値切るのに結構時間がかかったのよ…時間かかった割りに値切ったのは60円)

アンコールワットの旅 ②

今日は朝から、アンコールワット日の出鑑賞。

眠い目をこすりながら…頑張る涙


今は観光時期だけあって、人がたくさん。

時間があるのでのんびり写真を撮るにこ



やっぱり池に映るアンコールワットは綺麗でした。

池は王様の沐浴場らしい。



帰って朝ごはん。

次のPICK UPまで1時間、急がないと!!

って…全然ご飯がないムムム

韓国人の人や中国の人が多く・・・みんなガッツリ食べるので

残ってやしない。くすん。

しかも補充もない。

諦めて、そこそこに食べて出発OK



アンコールワット場内の見学。

Merci tous les jours 

アンコールトム入り口にて。

左の列はアジア人=神様、右の列はヨーロッパ人=悪魔。

襲ってきたりするのが欧州人たちらしいから…とか言ってました。

Merci tous les jours 

微笑んでいる神様の前で。



Merci tous les jours 



そして、お昼ご飯。

有名なアモック(ココナッツカレー)とかぼちゃプリンを食べる。


ココナッツの入れ物に入ってるのがアモック。

カンボジア最大の湖、トンレサップ湖で取れる魚も入ってます。

とってもおいしい、ピリ辛。

他の料理もおいしかったデス。

(しかも、ここ、あたしたちが昨日シェムリアップに着いてから夜ご飯を食べるところを探していたときに見つけてた行きたかったお店でした。JTBなかなかやるな~☆)

再びアンコールワット。

朝とはまた違う景色でした。

で、今回は第3回廊にある階段に登る。


怖い…とツアーの誰もが口にしていたけど、結局みんな登った。

(結構みんな楽しがっていた。。。)

お坊さんもアンコールワットに遊びに来ていたけど、

すいすい登って、すいすい下ってた。さすが。

(修行じゃなく、遊びに来てるだけらしい…ガイドさん談)

そして、山登り。

プノンバケンの丘というところから、アンコールワットに沈む夕日を見るというもの。

曇りだから、絶対に見れない…と思ってたけど、やっぱり見れませんでした。

ここ2日間、天気が悪いらしいくもり(悪いと言っても曇り)

残念だったのは、希望(勝手にですが)してた象さんに乗れなかったことぞう


今日でガイドのピエップさんが最後。

Merci tous les jours 

いい人でした…とっても真面目で、日本語堪能。

ピエップさんの口癖、「ニコニコ、4個~」と写真をたくさん撮ってくれた!

たしかに、なるほど、2個と2個で4個だね…といたく関心、関心かお

(あたしたちもニコニコ4個やってます)



夜ご飯はイマイチでした。

でも、アプサラの舞はとっても綺麗だった。

今日はお昼も夜も、地球の歩き方のガイドブックに載っていたお店だった。

というか、地球の歩き方、み~んな持ってる!

びっくりするぐらいの所有率でしたえ゛!もうかってまんな~。

プロフィール

mayuccon

Author:mayuccon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。