スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田病院で出産③

朝までずっと10分間隔くらいで痛かった私。
でも、こんなの自然分娩する方に比べたら全然なんだ!と思ってました。

朝の7時半に先生に処置室へ来るように言われました。
この処置室の椅子が昔ながらの感じでちょっと怖かったのを覚えてます。

先生に内診をされ、バルーンを入れる処置をします。
「処置痛いかもだけど、がんばりましょうね」と声をかけられるので痛いんだ!!って思ってたのに
全く痛みもないままに終わってしまいました。
なんか、痛いとかじゃなくて不思議な感じ。
水を入れる?時が痛いのかもしれません、何度か先生に声をかけられたので。

LDR室に戻る前に先生が
「3センチくらい開いてきてるから、今日産めるよ!がんばりましょう!」って
声をかけてもらいました。

LDR室に戻って、8時すぎから麻酔処置開始です。
麻酔のための麻酔をするので痛くはないけど、
背中なので見えないのと、何かがゴリゴリ言ってるのだけがわかって
やけに緊張しました。
背中を丸めないといけないのですが、看護婦さんが手伝ってくれます。

私は背骨が曲がっているようで、刺しにくく、刺し直ししました。
でも、なんとか麻酔処置完了。
普通の方は、すぐ終わるようです。

後は寝転んでいたら、麻酔がすぐ効いてきたようで、
全然痛くありませんでした。
17時ごろ産まれるといいね~と言われ、先生は一般診察へ出かけていきました。

ずっと助産師さんが付きっ切りでいろいろしてくれます。
その間、旦那さんや母や助産師さんといろいろしゃべりながら過ごしてました。

麻酔はだいたい2時間くらい効くようで、
1時間半くらいから麻酔が切れ始めてくるようです。
2時間、間隔をあけないとだめかなぁなんて思ってた私は
少し痛くなってきても我慢(というほどでもないのですが)してたのです。
そしたら、助産師さんが「痛くないの?」って聞いてくれたので
「ちょっと痛いかな」なんて言うと
「早く言ってよ~~無痛なのに痛かったら意味ないよ!麻酔足すね!」とすぐに足してくれました。

その後私は、頭痛がしてたのでちょっと眠ることに。
妊娠時期にある助産師外来で、無痛のデメリットとして頭痛が起こることがあると聞いていたので
これのことかなぁ~なんて思ってました。そんなひどくはなかったです。
寝ていたら、午前の診察の合間に先生が。
5センチ開いているから15時ごろには早かったら産まれるかも!って
人口破水してもらいました。
この頃に助産師さんに導尿もしてもらいましたが、それも全然痛くありませんでした。
麻酔が効いてるから当然ですね。

麻酔中は足が動かないのでずっとベッドの上です。
あぐらの姿勢だとお産がすすむと言われたので
起き上がって(リクライニング式の電動ベッドでした)座ってたりもしました。

つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mayuccon

Author:mayuccon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。