スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読んで

最近、本を読みました。


その本では家族に裏切られた(と感じている)主婦が犬と逃げるというもの。

理由は犬が隣の家の子供を殺してしまうから。

このままでは保健所へ連れて行かれ殺されてしまう犬を連れて。


この本のあとがきで、

人は犬を裏切っても犬が人を裏切ることはない と書かれてあった。

心にドンッと響く言葉でした。


悲しくて、涙が出ました。

というか電車で泣きました。

なりふり構わず、27歳の大人の女が。


今、犬を飼う人が増えてるのも事実。

なのに、それと同じく犬を捨てる人もまたたくさんいるのも事実。


保健所での殺処分ギリギリで助けられる子。

虐待されていたらしく、男の人をみると逃げ惑う子。

先天性の病気のための育児放棄。

やむおえない事情により里子として出される子もいてる。

そんな子はまだ幸せなんだなと思った。

家に取り残される子が世の中にはたくさんいてる事実を

あたしは今まで知らなかった。


犬は殺処分されるその日まで飼い主を信じ待っているのだという。

恨み言も言わず。

あんなに信じてくれて裏切らない彼らを簡単に捨てる。

そんな人が犬を飼うなんて絶対あってはならないし、

子供も育てたりしちゃいけないとふと思った。


責任 というものは飼おうと思った瞬間から始まって、

その子が一生を終えるまで続く。


そんな子たちが新しい家族に出会って幸せな時を刻めますように。

私にも何かできないだろうか。


高望みはいけないんだろうと思いつつも何かできたらいいのにと思わずにはいられない。

もし、次に犬を飼うときは、里親になろうと心に決めた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mayuccon

Author:mayuccon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。