スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背筋がしゃんとする。

私は高1でバドミントンを辞めた。

大好きだったバドミントンをなぜか辞めた。

バドミントンしたかったから、一生懸命(震災という特例もついていたけど…)頑張って入れた。

なのに、ムリして入ったから勉強がぜんぜんついていかなかった(泣)


辞めますと言いに行った時、

先輩もびっくりしていたけど、

顧問の先生が1番ビックリしていた。

「俺はお前に手を挙げた事はない」と。

そう、あたしは手を挙げられた事がなかった。

先生曰く、あたしはすねるからだそうだ。

先生は他の子には容赦なく手を挙げていた。

今思えば、問題行動なのかもしれなかったけど、

誰もそんなこと言わなかったし、問題にもならなかった。


ま、こんな話しはさておき…

日曜日、試合でした。


この大会ね、高校生も来るんです。

忘れてました。

今、その顧問の先生が赴任してるのがこの高校だってこと。


目が合って、背筋がしゃんとしました。

ロボットみたいなお辞儀しかできませんでした。

先生が覚えていたかはわからないけど、

先生に続けたらって言われたことを思い出した。

「勉強ができないなら、3年間部活を続けたら、大学もいれてやる」なんて

すごいお言葉も頂戴したのに。


辞めて、

また

バドミントン続けてます。


あの時、やってたら、やり続けてたら、

今地団太踏むほど、悔しかったり、もっとうまくなりたいとか思わなかったかもって後悔した。


先生を見て背筋がしゃんとしたら、

もっとそう感じました。


怖い先生だけど、

怖い分自分がしゃんとしてたことを思い出した。


今度は自分が気が済むまでしっかりやり続けます。


きっと、あのとき辞めたから今の自分があるんだろうとも思うし。

思ったら、あの高校時代、最高の公立最高メンバーが集まってたのになぁ~~。

過去を振り返るいい機会でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mayuccon

Author:mayuccon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。