スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院に不信感 ①

いつも行ってる掛かりつけのお医者さん。


そこで、以前、杏(チワワ・メス)は避妊手術を受けました。

初めの生理が終わったら、すぐにした方がいいといわれたのと

子供を生ます気は全くなかったし、翔(ポメ・オス)のときの発情期を見ていて、

避妊・去勢は彼らのために飼い主がしてあげるべきことなんじゃないかと

私は思って。母もそうだったと思う。


杏は元気な女の子です。

今まで病気なんてしたことありませんでした。

でも手術後、体調が思わしくなく、下痢・嘔吐を繰り返し繰り返し、

母と妹は寝ても看護の日々でした。


私たちは手術が悪かったんじゃないかと思うようになりました。

病院で整腸剤をもらっても、一向によくならない。

下痢・嘔吐を繰り返す杏に、ご飯を抜いたりしました。

体調が悪いんだと思っていたから。

杏は食べたい、食べたいと言っているようで

鳴いていました。



病院でエコーを取ってもらっても、何も映らず、

先生には「もう1度お腹を切ってみてみないとわからない」とまで言われました。


杏は痩せて、痩せて、触るとアバラがごつごつしてました。


母は、ある日「アレルギーテストをしたい」と言い出しました。


人間で言う、タケノコアレルギーとか卵アレルギーとかそういうのです。


病院で先生に言うと

「アレルギーの検査は高いんです」と言われました。


「もしかしたら」という可能性にかけたい、そういう飼い主の心理に対して

失言だなと思いましたが、


母が「いくらですか」と質問したら、


「2万円くらい」と。


ここの病院の会員になると年間7万円の会費を払うんです。

(健康診断・予防接種・ノミ取り・フィラリア込み)


しかも、人間なら「タケノコ・卵」を調べるのだそうですが、


わんちゃんは、全体的に調べないといけないから高いというんです。


2万円で、もしわかったら、この子は救われます。


母は、やってもらうことにしました。


結果、重度のアレルギーでした。


鳥系・粉系が全くと言っていいほどダメでした。


診断結果を聞くとき、


院長は「アレルギーでしたね」とあたかも自分の手柄のように言いました。


私・旦那・母は信じられませんでした。


それから、杏には鳥・粉系を避けたご飯をやるようにしました。


みるみる健康に。そして、体力も戻っていきました。


結果、杏の体調が戻ってよかったですが、


そのとき不信感は芽生えてしまってました。


それでも、「まぁいいか」と通い続けてしまった私たちも

ダメだとは思いますが。





              《続く》


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mayuccon

Author:mayuccon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。